セロトニンを増やすとパニック障害の改善になる?

セロトニンとパニック障害

強い不安の発作を繰り返す病気をパニック障害と言います。パニック障害の患者数は増加しており、症状に悩む方は多く居ます。セロトニンサプリメントは心身の安定効果がありますが、パニック障害にも効果はあるのでしょうか。

 

パニック障害のメカニズム

 

パニック障害の原因は、未だにはっきりと判明されていません。ただし、心理的原因ではなく、脳内のアドレナリンなどの分泌バランスの乱れ、セロトニンの働きが正常でなくなることが原因ではないか、と言われています。このため、パニック障害の治療には該当する処方箋での投薬治療、経過観察が一般的です。

 

セロトニンサプリメントは効果がある?

 

セロトニンは必須アミノ酸のトリプトファンから作られる成分で、止血作用さ消化促進作用の他に、心身の安定効果があるとされています。

 

また、パニック障害の原因と考えられているものに、セロトニンの働きの異常があげられることから、市販のセロトニンサプリメントはパニック障害に効果があるのでは、という考えがあります。

 

しかし、国内産のセロトニンサプリメントは、含有量が少なく、摂取しても効果が出ない場合があります。また、サプリメントは普段の食生活で足りない栄養素を補うという目的で作られているので、パニック障害に対して使用する薬には向きません。

 

パニック障害と診断された場合、病院で正しい診断と適切な治療が必要となります。ただし、中にはセロトニンサプリメントを摂取して、パニック障害の症状が改善された、というケースもあります。サプリメント頼りになってはいけませんが、全く効果がないとは言い切れません。