セロトニンとメラトニンの関係

セロトニンとメラトニンの関係

セロトニンがメラトニンの材料になっているのをご存知でしょうか。メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれている脳内物質で、体内時計に働きかける力があります。
人間が目覚めたり眠くなったりするのには体内時計が関係していますから、メラトニンが充足していれば自然な眠りがもたらされ、熟睡できるわけです。そんなメラトニンを作る材料となるセロトニン、2つの関係はどうなっているのでしょうか。

 

セロトニンとメラトニンは時間によって変わるホルモン?

セロトニンは交感神経を活発化させるホルモンで、メラトニンは副交感神経を活発化させるホルモンです。通常であれば、交感神経は昼間優位になり、夜には副交感神経が優位に立ちます。セロトニンとメラトニンの関係も、昼と夜に入れ替わるという関係なのです。規則正しい生活を送っている人なら、夜になると副交感神経が活発になってセロトニンがメラトニンに変わり、眠くなってきます。

 

しかしセロトニンが不足していると、メラトニンになることもできず質のいい睡眠がもたらされないことになります。眠りたいのになかなか寝付けない、寝たと思うとすぐに起きてしまうなどの悩みを持っている方は、セロトニン不足をまずは解消してみてください。

 

規則正しい生活が重要

メラトニンの素となるセロトニンは、食べ物の成分からも作ることが可能ですが、朝日を浴びたりリズミカルな運動をすることでも増えていきます。本来、人は日が上ったら起き上がり、日が暮れたら眠るという体内時計を持っています。このリズムを守れば、自然にセロトニンは増えるはずなのです。

 

セロトニンが増えればメラトニンも増えるのですから、規則正しい生活も心がけていきましょう。