セロトニンが増える?セロトニン呼吸法のやり方

セロトニンが増える?セロトニン呼吸法のやり方

セロトニンを増やす方法としては、食生活、運動、朝日を浴びるなどが代表的です。もう1つ最近話題になっているのが、呼吸法でセロトニンを増やせるということです。緊張しているときに深呼吸をすると落ち着くように、呼吸には心身の状態を左右する力があります。ここでは、セロトニンを増やす呼吸法についてお話しましょう。

 

呼吸が乱れるとセロトニンが減少!?

人の神経は微妙なバランス関係によって健康状態が保たれており、セロトニンのような神経伝達物質も各種のバランスが重要です。例えばストレスがあるときはセロトニンを充足させることで解消できるといいますが、逆にストレスを抱えて緊張しているときにはセロトニンが減少してくる恐れもあります。

 

ストレスを解消するためにセロトニンを使ってしまえば、当然使った分は減ってしまうというわけです。すかわず補給できればいいものの、ストレスの多い状況にずっといると上手くいかなくなることもあります。
緊張するときは呼吸も乱れているため、セロトニンの減少に気をつけたほうがいいでしょう。分刻みの生活を送っている人は、セロトニンが不足しがちになっていないか、生活を見直してみるべきです。

 

セロトニンを増やす呼吸法

腹式呼吸には、酸素を多く取り込めるメリットから脳へと十分な酸素を送ってセロトニンを増やす効果があります。酸素をたっぷり取り入れることで腸の働きもよくなるので、セロトニンの生成が上手くいくことにもつながるでしょう。眠る前に腹式呼吸をするなどの習慣をつけてみると、無理なくセロトニンの増加に努められます。